パソコンをする男性達

会社の取り組み

地図に触る男性

数多くあるソリューションサービスを行なっている企業の中で、何故タクトシステムズが注目を浴びているのかというと、大きな柱が存在するためです。
一つの柱は、CMMIと呼ばれるレベルが3に達成しており、高品質なシステムの提供を行ってもらうことができる事です。
CMMIレベルとは、一番低いレベルが1に設定されており、一番高いレベルが5に設定されています。
レベル3以上で組織全体としてのプロセスが標準化されているといった高い評価を得ることが出来るようになっています。
CMMIに関して取り組みを行なっている会社は日本だけでなく、全世界の企業が取り組んでおり、その中にはレベル3以上の企業も多く存在します。
しかし、レベル3以上に達している企業の殆どが、1000人以上の従業員を雇っている大企業であるのに対して、タクトシステムズでは、従業員、数百名といった状態の中認定されています。
そのため、高品質なシステムを提供してもらうことが出来るといった証明に繋がるのです。

タクトシステムズの2つ目の柱が高い技術力による提供です。
一つ目の柱に直結することですが、タクトシステムズでは、様々な業種業態に関して高い実績力があります。また実績力だけでなく、会社一丸となって最新技術の追求を行なっています。
二つの結果により、高い技術力を提供することが出来るのです。
また、3つ目の柱では、高い納期遵守率があります。高い技術力があっても、納期を守れない会社は多くあります。
しかし、タクトシステムズではそのようなことはありません。高い技術力と高い納期遵守率により、最高のシステムを提供してもらうことが出来るのです。
自社に必要なニーズを提案し、それに対応するシステムを提供することが出来るのは、タクトシステムズだけと言えるでしょう。